資産運用

【資産運用】まず最初に考えるべきこと

人生100年時代の未来に、お金の不安を感じている方は多いと思います。

国のマイナス金利政策で、銀行の普通預金や定期預金に預けているだけでは
お金はふえませんし、将来の公的年金も実際に生活していけるだけの金額が
もらえない状況です。

それに輪をかけて、インフレ(物価上昇率)のことも考えなければ
なりません。

例えば、現在の政府が政策の中で目標としている物価上昇率の2%が
続いた30年後は、物に対するお金の価値は約1/2
になってしまう計算になります。

現在月々30万円で生活できていたとしたら、
30年後は、月々60万円ないと生活できないということになります。

読者の30年後は、年金生活だけになっている方もいるかもしれません。

何もしないで普通預金に預けているだけの30万円の30年後は、
約31万円くらいになっている程度でしょうか。

これからの日本社会を生き抜いていくためには、
投資(資産運用)を考え実行していくことが必須であることが、
ご理解いただけると思います。

投資(資産運用)をすることは、投機と違い、いくつかの簡単な
ポイントを抑えていただければそんなに難しくありません。

その手順については、この後の別の記事で書きたいと思います。

今回は、実際に資産運用を実行する前にしていただきたい、
とても大事なことを以下にお伝えいたします。

①今自分がいる位置を確認する
※現在の資産状況を洗い出す

②「これからどう生きたいか」を詳細に思い描く
※希望のライフデザインを思い描く、どういう風に過ごしたいか、
いつまで働きたいか、など理想の生き方

③②の実現に必要なお金(金額)を明確にする
※食費などの基本生活費に加え3大コスト
(子供への教育費、住宅費、セカンドライフ費)や
保険、耐久財、旅行、趣味、夢などにかかる金額
④③を達成するための投資(資産運用)の計画を立てる
※どの位のリターンで運用をすれば良いか?目標リターンの設定
及びその実行プランを立てる

以上です。

要は、目標(理想)と現在の自分のギャップを明確にして、
それを埋める投資(資産運用)計画をたてる!ということです。

そのことを最初にしっかり行うことで、
投資(資産運用)をすることへの強い動機付けができ
長期の運用を粘り強く続けていくことができるようになります。

又、目標リターン(いつまでにいくら)が明確になり、
不必要なリスクを取らなくてもよくなります。

投資(資産運用)の一番の大敵である、心の動揺
(相場が急に上がったり下がったりすることへの)
すくなくすることができます。

この一連の作業が『ライフプラン』になります。

FPが『ライフプラン』という場合は、理想の人生設計全体を
見渡した際の必要な資金面のシミュレーションとその作戦
をいいます。

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この『ライフプラン』
を作ることで様々な効果が期待できます。

投資(資産運用)もそうですが、住宅を購入するときなどにおいても
『ライフプラン』なしで行動に移すことは危険!といって良いくらいです。

『ライフプラン』はご自身で作っていただくこともできます。

ただ、インフレ率や運用率の調整、様々なライフイベントの項目の入れ方や
その数値の落としどころなど、FPのカウンセリングを受けていただく
費用対効果も大きいです。

『ライフプラン』をつくるこへのご相談や、ご質問その他ご要望など
ございましたらお気軽にお問合せください。

ABOUT ME
塩川FP
大学卒業後、大手百貨店での勤務を経て30才より金融業界に転身。 3年間の生損保代理店研修制度にて生損保合計約300件の相談業務を経験。 その後4年間、1社だけでなく複数社の保険商品の相談業務にこだわり、 複数の乗合総合保険代理店にて、顧客志向のスタンスの相談業務に従事。 合計7年間で700件以上の個人および法人の顧客の相談に携わる中で、 様々な金融商品やローン等も含めたライフプランを軸とした総合的なアドバイス の重要性を感じ、複数のFP資格を取得して本格的なFPへの転身を目指した。 2007年より、独立系FP会社で 個人のお客様のライフプラン・資産運用・保険見直し・住宅購入に関する相談業務を継続的に行っている。 特に住宅購入のサポートに力を入れ、トータル200件以上の住宅購入のためのライフプランを作成を経験